振動試験機と計測装置
企業情報
事業内容
製品情報
IR情報
採用情報
振動試験機
衝撃試験機
地震シミュレーション
計測震度計
電気サーボモータ式
振動試験とは
包装貨物用振動試験
大型鉄道車両用品の
振動・衝撃試験
振動試験受託
衝撃試験受託
総合試験機器 疲労 / 耐久試験機 各種ダイナモータ
アクセスマップ


本社工場・第二工場・第三工場で認証取得
技術論文紹介 自動車部品のための3軸同時振動試験の技術(PDF)
3軸同時振動試験機を使ったクロストーク低減技術(PDF)

包装貨物用振動試験

電気サーボモータ式包装貨物用振動試験システム

国際計測器の包装貨物用振動試験システムなら、
輸送環境データの採取から、3軸振動試験実施データの作成、
3軸同時ランダム振動の再現試験までを一貫して、行うことができます。

輸送環境データ記録計

3軸振動試験用PSDデータ採取/衝撃波形解析/輸送環境データ(振動・温湿度)採取
ロジスティックデータレコーダー
KDRシリーズ

輸送環境データ記録計

振動・衝撃試験
電気サーボモータ式
3軸同時振動・衝撃試験機
VTSシリーズ

輸送環境データ記録計による振動データの実走行データから、
3軸振動試験実施までの手順は、次のとおりです。

第1ステップ
実走行データの採取−実際に模擬走行を行って、データを収集します。−

実輸送トラックへのデータレコーダ搭載による時刻暦加速度データの採取

  • Z(上下)軸、X(左右)軸、Y(前後)軸の
    実振動時刻歴加速度データ
第2ステップ
振動解析−収集したデータをPSDに変換します。−
第3ステップ
振動試験−PSDによるランダム加振振動試験を実施します。−
  • PSD制御ランダム振動試験データ
  • 3軸振動試験装置による同時3軸振動試験

専用ソフトウェアによって作成したPSDランダム振動試験データを
振動試験機のデジタル制御振動コントローラーに入力して振動試験を実施します。

電気サーボモータ式 3軸振動・衝撃試験機の 主要仕様

試験項目 正弦波振動試験/ランダム振動試験/衝撃試験
型式番号 VTS-05ES-3 VTS-10ES-3 VTS-30ES-3
試験仕様
設定振動数範囲Hz 5〜200Hz
正弦波加振力 kN 5 10 30
正弦波最大加速度 3
最大変位mmP-P 50
最大載荷質量kg 100 200 300
衝撃加速度 5(※衝撃試験機は最大150G)
振動テーブル寸法mm 500×500 1000×1000 1300×1300
制御部仕様
PC WINDOWS PC
制御盤標準寸法mm 1400(W)×2050(H)×500(D)
  • ※1 本カタログに記載された内容・仕様は、製品改良のため予告なく変更されることがあります。
  • ※2 上記に記載している以外の仕様も承ることは可能です。お問合せはご遠慮なく、下記により、お願いいたします。

お問合せはこちら

ページの先頭へ
総合試験機器案内に戻る
Copyright(C) KOKUSAI CO.,LTD. All Right Reserved.
HOME お問い合わせ English お問い合わせ サイトマップ このサイトについて アクセスマップ